来春大学入試に挑戦するみなさん。
受験勉強はもう始めていますか。
受験は、同じ能力なら、単純にたくさんやった者の勝ち。
そして同じ量をやるのなら、より正しい方法でやった方の勝ち。
じつに明快です。

では、正しいやり方、とはどういうことをいうのでしょうか。

大学受験までの勉強というのは、要するに「わかる」「覚える」「思い出す」ことに尽きています。それができるのであれば、どんな方法でも正しいやり方です。「わかる」かどうかを自問しながら授業を聴き、テキストを読む。ときどき立ちどまって振り返ってみる。そして分かったことを意識的に「覚え」、覚えたことは繰り返し「思い出す」。それだけのことです。
線の引き方、ノートのまとめ方、時間の配分の仕方、テキストの選び方、などなど各論を言い出せばいろいろあるのでしょうが、それらはしょせん「わかる」ための、「覚える」ための、「思い出す」ための手段に過ぎません。
そうした手段のどれを採るかということよりも、「分かる」ために読み、「覚える」ために問題を解き、何度となく「思い出す」―こういう意識を持つことの方がはるかに重要なのです。

「正しいやり方」とは、はた目に見える方法ではなく、「わかろう」「覚えよう」「思い出そう」という意識のことである。受験勉強をはじめる今、このことをぜひ、頭に入れておいて下さい。